×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

健康 腰椎椎間板ヘルニア

サイトマップ

腰椎椎間板ヘルニア

お尻や足に不快なしびれが起こる、太ももに痛みが走る、などの症状があらわれたときには、まず坐骨神経痛を疑うでしょう。特に前かがみになると痛みが増す場合、坐骨神経痛の原因が腰椎椎間板ヘルニアであると予測されます。腰椎椎間板ヘルニアは20〜30代の若い世代によく見られます。

腰椎椎間板ヘルニアとは、腰椎の椎骨と椎骨の間にあってクッションの役割をしている椎間板の線維輪や髄核の一部が後方(背中側)に飛び出した状態のことを言います。この状態を聞くと痛そうに思えるのですが、腰椎椎間板ヘルニアがあっても、必ずしも腰痛や坐骨神経痛の症状があらわれるわけではないようです。MRIが普及したことで椎間板ヘルニアの経過を鮮明な画像で確認できるようになり、このことがわかってきたそうです。

そのため、椎間板ヘルニアが神経根などを圧迫して炎症を起こしていなければ、経過観察となります。腰椎椎間板ヘルニアの多くは特に治療をしなくても飛び出したヘルニアが自然に小さくなって引っ込むため、保存療法から始まります。普通は3ヶ月でおよそ8割の人に改善が見られるそうです。

しかしこのように自然に治ることが多い反面、腰椎椎間板ヘルニアは再発することもあるのです。椎間板ヘルニアを起こす原因としては、重いものを持ち上げたりからだをひねったり、長時間にわたって車を運転したりデスクワークを続けることなどがあります。意外にもスポーツによって腰椎椎間板ヘルニアになるケースは少ないようです。
手湿疹の症状

「健康とホメオスタシス」について

健康を厳密に捉えると、ホメオスタシス(生体恒常性)の決められたカテゴリー内で安定した状態と表現できます。

Copyright © 健康とホメオスタシス. All rights reserved